調理道具専門店に行ってみた

プロが使う料理道具って私たちが使うものとどう違うのか?

 

道具がいいから美味しいものが作れるのか?

 

なんて疑問がありました。

 

確かにコンロなんかは火力が強いから火力が必要な料理には違いが出るのはよくわかります。

特に中華料理ですよね。

 

 

それ以外に鍋やフライパンなども、どのような特色があるのか店員さんに聞いて、理解することもできたのです。

 

でも、このような業務用の調理具屋さんと調理器具ブランドでは、明らかな違いがあることがありました。

 

それは、鍋やフライパンの大きさです。

 

それと、業務用やブランドには体に害が少ない材質のものを使っているんですって。

 

 

有名なところでは、一般的なフライパンなどテフロン加工がされています。

 

しかし、業務用でテフロン加工されたフライパンは聞いたことないのではないでしょうか?

 

ブランド品でも同じことが言えます。

 

このテフロンは日本では当たり前に使われていますが、外国では食に関するものへ使用を禁止するなんてところもあるくらい害があるものなんです。

 

そう聞いて安いものは避けて買おうと考えるようになりました。

 

ネットでも、ブランド調理器具が出ていますが、ヨーロッパ製のフライパンは高額ではありますが、テフロン加工されているフライパンはありません。

こちらが参照サイトです。

http://xn--eck8c6aod0j6a8bd5506q7msc.com

 

危険なものは使われていないし、結構お洒落なものばかり売っています。

 

高額だからと見極めるわけではなく、きちんとしたものを選んでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です