私の夢を託す

私は、元々高校球児で甲子園を夢見ていました。

 

しかし、途中で挫折してしまいました。

 

その原因は肩の故障です。

 

プロのピッチャーのように本来は、投球後にはアイシングと呼ばれる方法で、肩を冷やしてケアをするのですが、なんせ高校生だからそんなことをすることはありませんでした。

 

休日になると他県の強豪校と1日2試合の練習試合なんてザラ。

 

そんなに激しいことをしていても、肩のケアをしていなかったので、大会前に肩を痛めて投げることができなくなりました。

 

高校3年生になって手にした、エースという座も怪我によって奪われたのです。

 

だから、私に変わって私の夢を野球少年にかなえて欲しくて野球教室の監督を引き受けたんです。

 

私は体を動かすのが好きだから、その他にも平日夜にはママさんバレーの監督も請け負っています。

 

もちろん今は強いチームではないから、掛け持ちで来ていますが、全国でも名前を残せるようなチームにしていくことが目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です